• 20200208013428.jpg
  • 20200117133853.jpg
  • 20200623163229.jpg
  • 20191119122120.jpg
  • 20191118152618.jpg
  • 20200117133451.jpg
  • 20191119122142.jpg

中矢伸一の 日々是弥栄

何が起こるかわからないこの激変期だからこそ、神示を杖に歩む

最近よく引用される、日月神示『磐戸の巻』第16帖の、   「子の年真中にして前後十年が正念場」   という一節ですが、多くの人がこの「子の年」を今年の子年、2020年のことを意味しているのではないかと感じているようです。   そしてこの一節には、   「世の立て替えは水と火とざぞ」   という言葉が続くのです。   また、『富士の巻』第19帖には、   「火と水の災難がどんなに恐ろしいか、今度は大なり小なり知らさなならんことになりたぞ」   とあり、さらに『下つ巻』第20帖には、   「いくら学力強いと申しても、百日の雨降らすこ...

続きを見る

Contents 中矢伸一オフィシャルサイトコンテンツ

Contents 中矢伸一オフィシャルサイトコンテンツ