BOOKS 冊子玉響

冊子玉響について

読む人を魂の底から揺り動かす『玉響』

本誌のタイトルである『玉響(たまゆら)』の意味について、まず簡単にご説明しましょう。

日本神話によれば、伊邪那岐命が天照大御神に高天原統治の神勅を与える際、その証として自らの分魂を珠(御頸珠)に宿し、ユラユラと振り鳴らして大御神に授けたことが、『古事記』に記されています。

古神道では、「たまふり」とか「たましずめ」と呼ばれる鎮魂の行法がありますが、いずれも自分の内に秘められた霊力を甦らせるための秘術と言われています。

また、神社や神体山など、聖なる場所で写真を撮ると、時々、不思議な丸い形の霊光が映ることがあります。この霊光が『玉響』とも呼ばれ、その聖地に出現した“御神霊”だと考える人もいます。

『玉響』にはそのような様々な意味が含まれるわけですが、本誌の場合、『玉響』という言葉の中に、「これを読む人は誰もが、魂の底から揺り動かされ、60兆個のすべての体細胞が活性化して甦るであろう」─── という、強い思いが込められているのです。

月刊『玉響』で取り扱う主なテーマは?

日月神示には、「身魂磨き」の大切さが繰り返し説かれています。「身魂磨き」とは、身と魂の両方を磨くことであると示されています。その「身魂磨き」をサポートするという主旨において作られているのが、『玉響』です。

「身」とは、必ずしも私たちの肉体に限定しているのではなく、物質的な領域すべてを指しています。私たちのからだの健康に関わることはもちろんですが、地球を一つの大きなからだと見れば、環境とか生態系など、この世に実在する生命すべてが含まれます。

また「魂」とは、霊性や魂といった形を持たない領域すべてを含みます。具体的には、私たち日本人の精神形成にかかわる歴史とか古代史、宗教、哲学、霊的世界といった側面を主体とします。

「この道は、中行く道ぞ」と神示にもありますように、霊に偏ることもなく、体に偏ることもなく、霊と体の両面を複眼的に、バランス良く考察する姿勢が大切です。

この小さな冊子にそうした数々のテーマをすべて盛り込むことは出来ませんが、個人ではなかなか迷いが生じてうまくいかないこともある「身魂磨き」、あるいは「メグリ果たし」というものを、無理なく“嬉し嬉し”で続けて頂けるように、また各自の研鑽の一助として頂けるように、上記の内容にもとづいた誌面づくりを心がけています。

新しく生まれ変わった月刊『玉響』では、日月神示をベースに、日本人の精神性、古代史、宗教、霊的世界といった分野や、一層深刻さを増す環境問題や経済、医療などを主体に、中矢伸一の最新の書き下ろし連載はもちろん、この世を切り開くメンターとの対談やインタビューを掲載、さらには強力な執筆陣の先生方が、マスコミが取り上げられないビックリ情報やレア情報、ホンモノ情報を提供します。

代表 中矢 伸一

冊子玉響 購読のご案内

入会方法と年間購読料

月刊『玉響』では、日月神示の理念をベースに、中矢伸一の最新の書き下ろし連載を始め、世の中を切り開く先達との対談やインタビューを掲載、さらには強力な執筆陣の先生方が、マスコミに取り上げられないビックリ情報やホンモノ情報を提供します。

いま、この地球社会は、一寸先も見えない激動期に遭遇しています。

月刊『玉響』を、人生の「羅針盤」としてぜひお役立てください。

年間購読のお申し込み方法

『玉響(たまゆら)』の年間購読を申し込まれますと、自動的に会員として登録され、講演会の優先案内や会員同士の交流会、次期世代技術製品頒布のご案内、取扱い商品のセールなど、さまざまな特典が受けられます。

年間購読者=会員 という位置づけであり、とくに会員としての細則はございません。

※入会案内をご希望の方は、メールかFAXでご住所・お名前・お電話番号をお知らせください。
(入会案内書の内容は、当サイトのコンテンツと同じです。)

なお、一度お納め頂いた購読料の返金には応じかねますので、予めご了承ください。
※クレジットカードによる決済は、オンライン上でのご購読申込みに限らせて頂きます。

会員種別・特典など

会員には、購読会員と正会員の2種類がありますが、基本的には両者に違いはなく、どちらでもイベントや講演会などにご参加いただけます。

※購読会員は毎月1冊、正会員は毎月2冊(同じ号を2冊)のお届けとなります。

※正会員は、小会の主旨に対して全体的に賛同される方で、会の集まりがある場合は積極的に参加するなど、購読会員よりも「能動的」な立場の方。購読会員よりも高い会費を納めることで資金的な支援をするという意味合いも含まれています。

※月刊『玉響』の年間購読料は、購読会員が8,000円正会員が15,000円です。

お申し込み・お問い合わせ先

有限会社東光社

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-11-15 大宮ファーストプレイスタワー1106

TEL: 048-658-1555

FAX: 048-658-1556

MAIL: お問い合わせフォームよりお願い致します

月刊『玉響(たまゆら)』年間購読料

購読会員8,000円(税・送料込み)

正会員15,000円(税・送料込み)

『玉響』ご注文の際のご注意(必ずお読みください)
■『玉響』の1部購入・年間購読のお支払方法

<クレジットカード払い・郵便振替【先払い】・楽天銀行(旧イーバンク)【先払い】・代金引換> の中からご選択いただけます。決済画面でご希望のお支払方法をご選択ください。

  • クレジットカード払いは、ネット限定となっております。
  • 配達の時間指定はできません。
  • 送料は、100円を頂いております(5冊以上ご注文の場合は送料無料)。
  • 年間購読の場合は、送料は発生しません。
  • 代金引換」にすると送料が発生致します。

送料(本州、四国:600円、北海道、九州:800円、沖縄:1,200円)+代引手数料315円(全国一律。ヤマト運輸利用)の合計金額が加算されます。

※2014年4月1日以降、代引き手数料は324円となります。

書籍をご注文の場合も同様です。

☆購読開始後のご注意
■『玉響』の1部購入・年間購読のお支払方法

購読開始後に転居された場合には、直ちに新しい住所をお知らせ下さい。『玉響』はヤマト運輸のDM便でお送りしますので、自動転送はされません。

発送した『玉響』が「転居先不明」で弊社に戻ってきた場合、その号から数えて3ヶ月分は弊社にて保管致します。3ヶ月を過ぎてからご連絡を頂いた場合には、空白期間中の号を全て揃えてお渡し出来ないこともございます。