About 中矢伸一について

プロフィール

中矢伸一
中矢 伸一 (なかや しんいち)

1961年、東京生まれ。

3年に及ぶ米国留学中、日本を離れて外国で生活したことがきっかけとなり、日本と日本民族の特異性を自覚する。

帰国後、英会話講師・翻訳・通訳業に携わる一方、神道系の歴史、宗教、思想などについて独自に研究を進める中、ほとんど世に知られないまま埋もれていた天啓の書、「日月神示(ひつき しんじ)」と出会う。

「日月神示」とは、神道という言葉すらなかった時代から脈々と受け継がれて来た日本古来の叡智を開示した書物であり、これからの日本と世界が歩むべき方向性を示す指南書。

その内容に衝撃を受けると同時に、現代日本で失われつつある日本精神の本質を知る。

独自にそれを縄文神道、または日本精神のエッセンスと呼び、その研究と普及、実践に人生を捧げる。

1991年、それまでの研究をまとめた『日月神示』(徳間書店)を刊行。いきなりベストセラーとなり、以後ヒット作を相次いで世に送り出す。

これまでに刊行した著作は共著やリメイクを含めて70冊以上。
累計部数は150万部を超える。

現在、1994年創刊の会員制月刊誌『玉響』の制作・執筆を中心に活動中。会員向け講演会も行っている。

無料メルマガ「中矢伸一事務所 リアルタイムニュース」(毎月1日、15日配信)

有料メルマガ「飛耳長目」(毎週月曜配信)

http://www.nihoniyasaka.com/magazine/

Twitter「中矢伸一事務所」も随時更新中。

https://twitter.com/nakaya_shinichi

中矢伸一メッセージ

平成から令和の時代となり、世の中はさらに激しく変化しています。

異常気象や天変地異による自然災害も相次ぎ、これまで前例がないようなことも、日本だけでなく、世界のあちこちで起きています。

エイズをはじめ、鳥インフルエンザ、SARS、MARSなど、ウイルス性の疾患も次々と新種が現れ、人類を襲うようになりました。
新型コロナウイルスの出現は、世界をパンデミックの恐怖に陥れ、経済的な停滞を引き起こしています。

トランプ大統領の就任以来、米中関係は緊張状態にあり、イランやパレスチナ情勢もいっそう不安定なものとなっています。

国内に目を向ければ、拡がる所得格差と貧困問題、少子高齢化と労働力不足、かさみ続ける医療費、膨らむ一方の財政赤字、等々。

前世紀からのツケは何ら解消されることなく今世紀に持ち越されているだけでなく、むしろ問題は肥大化し、複雑化しているように見受けられます。

これからは、リーマン・ショックを凌駕する金融危機の発生や、世界恐慌がふたたび起こることも懸念されています。
国際社会の秩序が大きく揺らいでいるのです。

今まさに私たちは、大激変の真っただ中におります。
そのための備えをせよという警告が、70年以上前より、「日月神示」を通してハッキリと降ろされていました。

私たちは、今こそ「日月神示」を通して開示された“神”の意志、いわば日本人の叡智をしっかりと受け止め、些細なことからでもいいので、実践的行動に移すことが必要です。
そうしてこそ初めて「大難」は「小難」に変わり、本当の意味での秩序ある平和と安寧、永続的発展が可能な世界──「ミロクの世」──が顕現するのです。

実際、近年において、世界は日本に潜在的な希望を見出し始めています。

人類は、果てしない争いを繰り広げ、激しく栄枯盛衰を繰り返す中、覇権を握る国や民族がその度に入れ替わってきました。それは言ってみれば、血の歴史とも言えます。

それとは対照的に、幾度かの国難に遭遇しながらも、悠久の昔から続く皇室と共に、それらを乗り越え、世界で最も古い歴史を持つ国を守り続けて来たのが日本です。

過去に一度も外国からの侵略を受けず、安定的に発展してきた私たちの国・日本。
表層的な文化は時代とともに移り変わりますが、深層にある部分は、縄文の太古より変わらず現代に受け継がれています。
それこそが、世界から特異とされる日本精神──神道的な和の精神なのです。

戦後、欧米化が進み、あらゆる「日本らしさ」が失われる中、今一度私たち日本人は、日本精神を取り戻し、それを世界に発信していく必要があります。

「日本が変われば、世界が変わる」

「日本が良くならねば、世界は良くならない」

世界が変わるには、まずは私たちが変わらなければなりません。
日本が本当の意味で良くなってこそ、初めて世界は良くなれるのです。

私たちは、個人から国家、世界全体に至るまで、あらゆる問題における解決の道を指し示す究極の羅針盤である「日月神示」を基軸に据え、日本人の意識改革と実践に取り組んでいく所存です。

中矢伸一