Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

中国脅威論と陰謀論

総裁X

出典:ガッチャマン(タツノコプロ)
https://ja.wikipedia.org/…/%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%BF%8D%E8%8…
.
中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う 単行本(ソフトカバー) – 2017/12/2 北野 幸伯 (著)

 


.
【コメント】18日木堅
イシキカイカク大学の神谷宗幣氏が強く推していたこともあり、読ませていただきました。
結論として良書でした。
.
自分は基本的に「中国脅威論」というスタンスの論説には懐疑的で、

「これだけ経済的なマイナス、崩壊兆候が明確なのに、虚像に怯え過ぎではないか?」

「軍事的脅威・技術力評価が過大ではないか?」

「脅威評価の時系列が5〜10年前の姿ではないか?」

と思ってしまうのですが、
この本は、今の中国の退潮傾向をしっかり捉えた上で、かつ同時に米国の覇権国家からの転落を踏まえた上での対中戦略(世界戦略)であり、読みごたえがありました。
.
中国に勢いがあった、民主党政権時代のころに関しては、本当に危なかったということに気づかされます。
そして大づかみで理解したのは、ニクソン(キッシンジャー)以来、一貫してアメリカは中国の肩を持ってきた(甘やかしてきた)ということです。
変化としては、当初は反中だったクリントンも、金で転び(クリントンクーデター)、それまでは対ソ連同盟だったものが、ソ連がコケて金儲け同盟へ変質したという側面はありますが、中国贔屓には変わりません。
.
最大の転機は、AIIBで英国を皮切りに「日本を除く」すべての国がアメリカを裏切ったことです。それは米国にとって我々の想像を絶する精神的ショックだったようです。
古くはローマ帝国、最近ではスペインや大英帝国といった覇権国家の転落、そういった大事件というべきものでした。
その失意の底にあったアメリカ(オバマ)が、ついに親中グローバリストに流されずに、反中へと舵を切るターニングポイントとなりました。
安倍総理の米議会でのスピーチもその文脈上にあったということです。
.
確かに時系列としてそれ以降の日本は、それまでタブー的な言動だったものが、急激に当たり前のことが当たり前に通用するようになった感覚があります。
中国の南シナ海埋め立てもそれまで黙認状況だったものが、一転国際的批判にさらされました。
紆余曲折はあれども日本がロシアとも同時に友好の方向性(米露も)にあるのも、アメリカの覇権国家転落を自他共に認識している背景があるのだと思います。
.
その他、筆者が我々と共通した感覚の持ち主だとわかる点が、「国家ライフサイクル」上、中国の自滅を予想している点です。
氏の説は80年周期という若干短周期の視点のようではありますが、「ガイアの法則」という視点から見ても、全く違和感のない評価であると思いました。
.
ただ、著書の中で少し気になったのは「トランプ・クーデター」というものです。
時の権力者を金で籠絡するノウハウに長けた中国が、クリントン同様にトランプも抱き込むことに成功しているという評価でした。
しかしながらその評価は、安倍総理との良好関係と両立するのか疑問であり、かつ紫禁城(故宮)での習近平のポケットハンドの挙動不振を見るに、トランプ籠絡成功と見るのは早計ではないかという気もします。イバンカも中国には行きませんでした。
AIIBショックでオバマですら反中に転じた状況で、明らかに経済的な未来のない中国に甘い汁を提示されても、ナショナリズムの後押しで大統領の座についたトランプがそれで転ぶとは考えにくいと思います。
.
.
ところで最近、闇の組織の存在について、想いを馳せることが多いのですが、
かつて「THRIVE(スライヴ)」という映画がありましたが、グローバリストのように国家を越えた利権に突き動かされた闇権力というものは確かに存在するのだと思います。が、かと言ってそれが世界の全てを掌握し全てを自在にコントロールできる存在かと言えば、決してそのような力はないようにも見えてきました。
国家を越えた権力というものは確かに存在するが、ある程度見たまんまの国家間の駆け引きもまた、現実として存在するのだということが、見て取れます。
.
世界はガッチャマンの総裁Xのような存在の意志だけでうごかされているのではないということです。
最近仲間との会話の中での気づきですが、強いて言えば「集合無意識」のようなものにコントロールされているという見方が正しいような気がします。

「どうせ仕組まれたシナリオで抗いようがない運命なのだから」と諦めるべきではなく、国家として、日本として、どうあるべきか、そういう理想像を心に抱くことは決して無意味ではない、大切なことだと考えを改めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ワン・ワールド」分析

.

【コメント】6日木堅

落合莞爾の一連の著作を欠かさず読んでいます。
自分の歴史知識・読解力が足りず正直消化不良は否めませんが、落合史観を仮に真とすれば、文献には書かれていない歴史について、かなりの部分が見えてきます。

.

それら著作群を「証拠がない」と言って批判する向きがありますが、その態度は「真の歴史がすべて文献として残されている」という前提を必要とします。
そんなはずはありませんね。有史以前、もちろんそれ以後も書かれなかった歴史も多くあるだろうし、時の為政者が書かせた偽史も無数にあるでしょう。要は文献は「証拠」ではなく有力な「手がかり」に過ぎません。自明のことです。
その「洞察」に妥当性があれば、絶対視するわけではないですが、少なくともその可能性を受け入れるべきであろうと思います。

.

ただその妥当性を判定する能力が自分にはないため、ひとまず虚心に受け入れて落合説を理解しようと努めています。そういうのを一般には熱烈なファンというのかもしれませんが(笑)
要は分析は多角的・複眼的にあらねばならないと思っており、その自分の分析の視点の一つに「落合視点」を加えています。

.

主要な落合説については、過去記事で概説しましたので、こちらをごらんください。

『落合秘史シリーズ⑦ワンワールドと明治日本』落合莞爾(成甲書房)

.

さて本題ですが、一般的に陰謀論と呼ばれるものへの積年の疑問とも被るのですが、落合説について自分が飲み込めていないことがあります。

それは、仮に國體ワンワールドという米国にも欧州にも國體参謀が配置されている、日本を中心とした世界秩序が存在するのなら、

・なぜ大東亜戦争で日本は完膚なきまで袋叩きにあったのか、
・なぜ戦後もWGIP、安保理敗戦国条項、プラザ合意、郵政民営化、慰安婦・南京・捕鯨プロパガンダ等々、日本が標的となるような攻撃が許され(た)るのか、
・なぜいつまでも日本はアメリカの間接統治下に置かれるの(た)か、
・なぜ映画「THRIVE」に描かれるような世界を搾取するグローバリズム支配が許される(た)のか、
・なぜアメリカを主体とするマッチポンプの戦争ビジネスが許される(た)のか、

.

それらが疑問でなりませんでした。
「國體天皇が一言やめろって言えばいいじゃん」といった極めて素朴な疑問です。

その疑問に対して、完全にではないですが、なんとなくわかったような感じにさせる内容が、最新刊「大日本帝国を陰から支えた『天与のクスリ』國體アベンの正体」の序章において踏み込んで書かれていました。
その内容を、過去著作の内容を含めて自分なりに図示したものが、以下になります。

.

(別タブで開いて拡大してご覧ください)

.

一連の著作を読まなければ、なんのことやらという印象しかないかもしれませんが、

このように俯瞰すれば、陰謀論の主役、所謂「ユダヤ」と呼ばれ、ひとくくりに悪の権化とされる存在の立ち位置がぼんやり見えてきます。
それは日ユ同祖論と呼ばれるユダヤと同一ではないし、現イスラエル国家とも一致しません。
それをユダヤと呼んでよい部分も大いにあるかもしれませんが、総称としては不適切なのだろうと思います。

.
要するに、國體ワンワールドという最高「権威」があっても、言うことを聞かない「権力」が存在するということです。

日本国天皇陛下は、列国王族・大統領、ローマ法王等を超越する国際VIPプロトコルの頂点に君臨する権威ではありますが、日本国三権の権力は有しません。
少なくとも古事記の世からあくまでもシラス存在であり権力とは切り離された存在です。
それが日本民族においては最低2000年機能し続けてきたわけですが、修羅・畜生・餓鬼界の世界各国にはシラスという秩序が通用しません。
否、最近では国内でも陛下が「摂政は不可」という直接のお言葉をおっしゃっても、有識者なる連中が「いや摂政でいい」ということを平気で言うような状況ですから、いわんや世界をや、です。

.

それでもなぜ日本を標的とするのかという疑問にすべてを答えるわけではありませんが、大筋としてなんとなくわかってきた感覚を覚えます。

そして鍵となるのは、皇室にも金融ワンワールド側の存在がいたということであり、その存在は今や故人となったということです。

それがきっかけで多くのことが動き出したと言えそうです。

.
現在において、國體天皇の候補となるのは、常陸宮正仁殿下もしくは今上陛下以外ありえないわけですが、落合著作群から察するに、今上陛下が政体・國體を兼務している状態ではないかと思われます。
國體体制としては史上ない非常事態と言ってよいでしょう。ご譲位という意志につながったことと無関係ではないと思います。

.

そして裏情報ということで言えば、中矢代表からは、このような図とはまた違う世界秩序に関する情報も漏れ聞きます。

どちらが正しいというものではなく、いずれも多くの部分が真実なのであろうと思います。
要はどんな情報も絶対視することなく常に相対的に比較検討することで、より本当の姿に近づくことができるのでしょう。

善悪、〇×、0-1そのような二元論の態度がいちばん真理から遠ざかる落とし穴なのだと思います。

.

(参考)

.

.

 

 

 

 

 

稲田氏を反日勢力といっしょになって、引きずりおろそうとする危うさ

写真出典:http://www.sankei.com/politics/news/170728/plt1707280051-n1.html

.

「陸自が情報リーク」の見方 「これではクーデターだ!」 日報問題で文民統制に深刻な懸念 2017.7.21
http://www.sankei.com/politics/news/170721/plt1707210037-n1.html

.

【要約】
防衛省の内部から稲田氏にとって不利な情報が発信されている形跡があり、文民統制(シビリアンコントロール)上の深刻な問題も引き起こしている。 続きを読む