Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

家庭菜園にぴったり。農薬なしでできる雑草対策

(画像をクリックで元サイトへ)ライフハッカー日本版

 

【要 約】

 

もうすぐ種まきの季節がやってきます。もし庭に何かを植えたいのなら、雑草対策についても考える必要がありますね。オハイオで農場Old World Garden Farmを営み、ウェブサイトで植物を育てるためのティップスや、季節のレシピなどの情報を発信している私の友人によれば、今年は強い除草剤ではなく、もっとマイルドな方法がおすすめだそうです。種や苗を植えた地面を覆うマルチングや、雑草を燃やすウィードトーチなどの方法が紹介されており、見たところなかなか面白そうです。 続きを読む

「福島県産食品、問題ない」 国連食糧農業機関トップ

(画像をクリックで元サイトへ)朝日新聞

 

【要 約】
国連食糧農業機関(FAO)のジョゼ・グラジアノ・ダシルバ事務局長(67)が、朝日新聞とのインタビューに応じた。東京電力福島第一原発の事故後、FAOが定期的な検査を行っている福島県産の食品の安全性について、「現時点で問題はないと確信している」と述べ、引き続き態勢を維持することが重要だとした。

 

福島県産食品についてグラジアノ氏は国際原子力機関(IAEA)と協力して支援してきたと述べ、「この問題については、非常に綿密に見守ってきた」と語った。また事故後の日本政府の対応は国際的な規則に沿っており、満足しているとも語った。 続きを読む

少子高齢化問題に関する考察


画像出典:財務省 Ministry of Finance Japan
http://www.mof.go.jp/budget/fiscal_condition/related_data/sy014/sy014f_a.htm

.

「Amazon Go」なら大型スーパーでも最低3人で運営できるらしい…|ギズモード・ジャパン 2017.02.12
http://www.gizmodo.jp/2017/02/amazon-go-minimal-supermaket.html

【要約】
Amazonでは床面積1万~4万平方フィート(約930~3700平方メートル)のスーパー型の店舗を全米に展開するアイデアを練っているらしいのです。しかもそのスーパーの運営にかかる人数は、最少たった3人、多くても10人しか必要ないんです。
平均的なAmazonのスーパー型店舗運営に必要な人数は6人
続きを読む

自然栽培の野菜のようにクスリを必要としない生き方

(画像をクリックで元サイトへ)

 

1986年の創業以来自然栽培を普及し、医者にもクスリにも頼らない自立した生き方を提唱してきたナチュラル・ハーモニーの代表・河名秀郎さんにお話を伺ってきました。

 

なぜ自分がこの仕事を始めたのか?と言いますと、4つ上の姉が14歳の時に、骨肉腫に罹ったのですね。

この病気は本当に辛い病気で、20歳で夭折するまで の6年間、姉がもだえ苦しむ姿を目の当たりにしてきました。

その当時はまだ自然食というジャンルは一般になく、現代医療では救えない、医者からも見離された状態にありました。 続きを読む