Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

牛乳をやめたらガンが消えた

(画像をクリックで元サイトへ)大紀元

 

【要 約】

 

日本では3人に1人が罹患して亡くなるといわれるガン。遺伝や生活習慣など、ガンにかかる要因は様々に言われているが、根本的な治療法はいまだにわかっていない。

 

一方、あるイギリスの女性は、乳製品をやめて乳がんを克服したと話す。残念ながら彼女は昨年3月、71歳で亡くなったが、ガンと宣告されてから30年以上、再発もなく健康に過ごしたという。 続きを読む

「体内細菌は細胞数の10倍」はウソだった 細胞30兆、細菌40兆とする新たな推定値

(画像をクリックで元サイトへ)ナショナルジオグラフィック日本版

PHOTOGRAPH BY IAN CUMING, ALAMY

 

【要 約】
人体は微生物のるつぼだ。何兆もの細菌がすみ、健康維持に貢献している。その重要性はあまたの研究で明らかになっているが、一方で長年まことしやかに語り継がれている言説がある。「人体に住む細菌の数は、ヒトの細胞数の10倍」というものだ。しかし、新たに発表された推定値では、体内の細胞と細菌は近い数であるという。

 

論文投稿サーバー「BioRxiv」に公開された論文によると、イスラエル・ワイツマン科学研究所のロン・ミロ氏率いる3人の科学者チームは、平均的な男性の体は30兆の細胞でできており、約40兆の細菌が含まれることを発見した。 続きを読む

亡くなる前の「お迎え現象」本当にある? 故人と会い恐怖和らぐ

(画像をクリックで元サイトへ)ヨミドクター

 
【要 約】
 
家族や知り合いが亡くなる前、誰もいないのに誰かと会話をしている様子を見せたり、「故人が会いに来た」と語ったりする場面に遭遇した経験はないだろうか。これは「お迎え現象」と呼ばれ、送られる人にも送る人にも意義のあることだという。

 
お迎え現象はどのくらいの人に起きているのだろうか。島根大教育学部准教授(宗教社会学)の諸岡了介さんらが07年、自宅で家族を看取った経験がある遺族を対象に実施した「お迎え」体験に関する調査では、回答した約4割の人が「あった」と答えた。 続きを読む

少子高齢化問題に関する考察


画像出典:財務省 Ministry of Finance Japan
http://www.mof.go.jp/budget/fiscal_condition/related_data/sy014/sy014f_a.htm

.

「Amazon Go」なら大型スーパーでも最低3人で運営できるらしい…|ギズモード・ジャパン 2017.02.12
http://www.gizmodo.jp/2017/02/amazon-go-minimal-supermaket.html

【要約】
Amazonでは床面積1万~4万平方フィート(約930~3700平方メートル)のスーパー型の店舗を全米に展開するアイデアを練っているらしいのです。しかもそのスーパーの運営にかかる人数は、最少たった3人、多くても10人しか必要ないんです。
平均的なAmazonのスーパー型店舗運営に必要な人数は6人
続きを読む

<加齢で薄毛>たんぱく質減少が原因 東京医科歯科大解明

(画像をクリックで元サイトへ)毎日新聞

 
【要 約】
 
年を取ると毛が薄くなり抜けてしまうのは、毛を生み出す幹細胞が老化し、毛穴の小器官「毛包(もうほう)」が次第に縮小して消えてしまうためだと分かった。東京医科歯科大や米ニューヨーク大などの研究チームがマウスの背中の毛と高齢女性の毛髪で解明し、5日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 
幹細胞の老化を防ぐには、細胞と基底膜を結び付ける「17型コラーゲン」が必須であることも発見。東京医科歯科大の西村栄美教授らは17型コラーゲンの分解を防ぐ物質を探し始めており、西村教授は「5年から10年の間に薬ができれば」と話している。 続きを読む