Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

9条のおかげで戦争に巻き込まれずに済んだのか?

出典:陸上自衛隊HP

http://www.mod.go.jp/gsdf/about/emblem/index.html

.

外国で「自衛隊」と名乗ると笑われる?! 英訳すると「護身隊」──元陸上自衛隊トップが指摘する「軍事のリアル」デイリー新潮 11/21(火)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171121-00532984-shincho-pol
.
【要約】
昭和30年代のこと、陸軍士官学校を卒業した幹部自衛官がアメリカの軍学校に留学した。そこで、幹部自衛官は、「我々は陸軍(army)ではなく陸上自衛隊(ground self-defense force)である」と説明したら、クラスで爆笑が起こったという。その人は、なぜ自分が笑われているのか分からなかったが、それが「侮蔑の笑い」であると知り、帰国後に自衛隊を辞職してしまった。

.
【コメント】23日木堅
笑われるかどうかは結局は実力しだいでしょう。
外国からみて珍妙なネーミングであったとしても、実力さえあれば一目置かれます。
ただSELF DEFENSE FORCEというものは和製英語のようなものでそもそも通じないので、JAPAN ARMY(NAVY、AIR FORCE)と外国人には言うべきだと思います
.
日本語と他言語に完全一致する単語・表現があるわけではなく、例えば「水に流そう」という言葉を
Let’s flow off this matter.
なんて直訳したところで意味不明であり、一番ニュアンスが近い表現を探すのが通訳・翻訳でしょう。
.
ただ自分は自衛隊という表現には違和感はありません。
たとえ自虐的と言われても、約70年その名を掲げてきた武士道的矜持がそこにあると思います。仮に憲法改正しようと国内向けにはそのままで構わないと思います。
ただしそれを直訳したところで外国には通用しないということです。正式英語名では相手に理解可能なボキャブラリーに一番近い表現=ARMYにすればいいだけです。
.
世界から笑われるとしたら「陸海空戦力を持たずに交戦権を持たない」と憲法に規定しておきながら、現に陸海空戦力をもち、安全保障法制を可決しているという法的不整合でしょう。
国際法上認められる自衛権という自然権は憲法の上位概念だから云々という、日本人にも理解困難な政府解釈が国際社会から理解されるはずがなく、隣国のような法治主義の否定、人治主義にしか映らないでしょう。
.
よって改正するのは当然(全面改正含む。)と自分は考えますが、9条改正=日米安保条約破棄、日本一国による安全保障体制(核保有含む。)へ移行という、極端な振れ幅の思い込み(懸念)が世間にあるように思います。
それについては安倍総理の日米豪印によるインド太平洋戦略(セキュリティダイヤモンド構想)から読み取れるように、9条改正が在日米軍基地完全排除、一国単独安全保障体制を意味するものでないことは明らかです。
.
また、9条を盾にベトナム戦争・湾岸戦争・イラク戦争等、日本は戦争参戦を回避できたのだから、引き続き9条をそのまま保持すべきではないかという意見もあると思いますが、
アメリカが日本に参戦を強要しなかったのは、「9条を尊重したから」ではないでしょう(苦笑)。少なくともつい最近まで明らかに属国という意識をもっていた(今もまだ?)のだから、必要ならとっくの昔に憲法を変えさせていたはずです。
しかしながらそれをせず、日本が戦争に巻き込まれずに済んだのは決して9条のおかげではなく、先人の驚異的な敢闘精神がアメリカを畏怖させ、戦える戦力を持たせず有事法制の整備をさせなかったからだと私は思います。
要は米国は、再び日本人の大和魂といったものが覚醒しないように、戦争に参加させなかったというのが正しいのではないでしょうか。せっかくWGIPで抜いた牙が、戦争経験が起爆剤となり、また生えてくるかもしれないという恐れだったと思います。

.
そして今、なにかしら、だれかしらの思惑により、日本覚醒へのGOサインが出ているのだと思います。
.
アメリカの弱体化が顕在化している今、その弱体化した分の力を日本が持たざるをえないのであろうし、むしろ戦争に巻き込まれないために、自立する必要があるのだと思います。

そして日本が世界の中心たろうとしている潮流において、軍事的自立のない国家にその資格などないでしょう。(了)

.
(参考)
それでもどうしても、現に目に見える他国の侵略兆候よりも、将来の軍部(自衛隊)の暴走が怖いという方については、
一度「カエルの楽園(百田尚樹)」を読まれることをオススメします。
百言に勝る説得力です。

  • Web玉響購入
  • メルマガ会員登録