Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

驚異のゲノム編集技術「クリスパー」特許は誰の手に?

(画像をクリックで元サイトへ)IIII

 

【要 約】

 

私たち人類を含む、あらゆる動植物のDNAを自在に改変するゲノム編集「クリスパー(CRISPR Cas9)」。この驚異的な技術の基本特許は一体、誰の手に渡るのか――
その大勢が今年前半には判明する見通しだ。
ゲノム編集とは、(人間の場合)約2万個あるとされる遺伝子を含む「ゲノム(DNA上に記された全遺伝情報)」を狙った箇所で切断(破壊)したり、改変することができる技術だ。
従来の遺伝子組み換えは「(科学者がDNA上の狙った遺伝子を改変できるまでに)1万~100万回に一度の成功率」といった「低精度の技術」であったのに対して、(現在3種類あるゲノム編集技術の中でも最新モデルの)「クリスパー」は(まだ百発百中にまでは達しないものの)狙った箇所をほぼピンポイントで改変できる「高精度の技術」である。

 

 

【コメント】評価担当(下)

 

この記事はクリスパーの持つ従来の遺伝子組み換えよりも優れた点が説明されており、汎用性が高く、肉量を増やした家畜の育成、受粉しなくてもできるトマト、腐りにくい野菜などの生成だけでなく、医療面でも件区湯が進むことが示唆されている。
ただ、この記事ではその後この技術の特許がどこになるかに重点が置かれている。個人的には日本人が絡んでこないので、あまり興味がわかないが、この技術はノーベル賞候補でもあるらしい。すると、クリスパーの配列を最初に発見したのが日本人らしく一緒に受賞するはこびとなるかもしれない。

  • Web玉響購入
  • メルマガ会員登録