Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

「タンス預金」に家庭用金庫、売り上げ好調

「タンス預金」に家庭用金庫、売り上げ好調 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)2017.6.27
http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20170627-OYT1T50125.html

【要約】
家庭用の耐火性金庫の2016年の販売数量は、13万9359個と、前年から約2割増えた。

預金金利もほぼゼロになった。銀行に預けず現金を手元に置いておこうという「タンス預金」の需要が販売増加を支えている。

「戸建てに住む家族連れや退職後の夫婦が購入するケースが目立つ」(同店)という。

【コメント】28日木堅

マイナス金利がよくわからない時の金庫のパニック需要はあったかもしれませんが、
給料振込みが100%銀行振込みという環境下にあり、かつこれだけどこのコンビニでも引き出せる環境下にあっては、
普通預金の利息がつかないことが、タンス預金に流れる理由にはなりません。

わざわざ生活の利便性を犠牲にしてまで得られるメリットがありませんし、
火災・盗難リスクが金庫では本質的に解決しません。

胸に手を当てて、やましいことが無ければ、いま急に金庫を欲しいと思う理由がありません。
要するに口座凍結が怖い人たちということで間違いないですね。

「過激派、市民活動家、生活保護を受給している外国人等が購入するケースが目立つ」(公安筋)という。

の誤りでは?(笑)
反日勢力の首がしまっている有力な兆候です。


(補足)
一時期話題になった預金封鎖の可能性については触れていませんでした。
万が一の備えとして、一定の手持ち現金を持っておくというリスクマネージメントとしては評価できますが、
この金庫の売れ行きと預金封鎖とがリンクするとは考えにくいと思います。

メデイアが煽るわけでもなく、ネットで話題になるわけでもない状態で、金庫が安定して売れ行き好調ということが、現状ほとんど誰も予想していない預金封鎖が理由とは考えられません。

  • メルマガ会員登録