Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

池田大作氏は「国体護持派」?

【コメント 】(kon)
私が書きました前回の記事、

 

から間が空いてしまいましたが(^-^;、引き続き公明党、創価学会に関する記事です。

 

世の「陰謀論」的に言えば、現在、生死も不明の池田大作創価学会名誉会長は、あくまでネット上の噂レベルですが、

・在日朝鮮人なのではないか
・創価学会を乗っ取ったのではないか
・創価学会を通じて、公明党を支配し、学会に有利な政権運営をさせようとしているのではないか

 

などなど、他にもあるかもしれませんが、こういったことを言われています。

 

しかしながら、前回の記事にもありますように、
・池田大作氏は、当時の学会をいわば『クビ』になり、閑職の名誉会長に追い出されたのではないか。
・池田氏の会長辞任は、当時の創価学会指導部により、いわばクーデター的に行われたものと、当時、指導、支援を受けていた(可能性のある)米大使館にも認識されていたことを伺わせる、米国の公文書がある。

 

といった情報を目にしまして、私も個人的に疑問に思っていたことに繋がると感じました。

 

それは、「池田氏が本当に実質的な権力を持っている(たとえ亡くなっていたとしても、その意向が学会内で重要視されている)」のであれば、なぜ前述のような池田氏のネガティブ情報を長く放置しておくのか、ということです。

 

ちょっと話を変えます。

 

「大日本皇道立教会」という組織がありました。Wikipediaによれば、
「南朝を正統とし、その皇道に沿った教育を行う趣旨の元で、1911年に創立された。中山忠英(父親は中山忠伊)が初代会長に就任し、大隈重信、一木喜徳郎、牧口常三郎、戸田城聖、数名の華族により構成されている。後には児玉誉士夫も加入。後に、大日本皇道立教会の会員のうち、創価教育学会(現在の創価学会の前身)の創立にかかわるものがいた」
とのこと。つまり創価学会の前身とも言えます。

 

幹事には、頭山満、内田良平など錚々たる国士がおり、初代会長:中山忠英の家督を継いだ中山忠英の三男、中山忠徳の門下には大本の聖師・出口王仁三郎がいます。明確に南朝を奉じ、皇室を重視する組織です。

 

この設立にかかわったのが、上記のように戸田城聖氏、創価学会第2代会長です。そして第3代が池田大作氏。
池田氏の会長在任は、1960~1979の19年間という長きにわたります。その間にイデオロギーの転換もあったかもしれません。しかし、上記の経歴を持つ2代会長の後をついた池田氏が、自らの組織の存立の根底(南朝を奉じ、皇室を敬う)をそこまで無視して、組織を動かせるでしょうか・・・?

 

前回も紹介したブログ「蓮の落胤-創価学会、話そうか」に先日、こんな記事が載りました。
※以下の文書はブログの抜粋及び一部順序を入れ替えています。
「公明党の代表的な政策変遷の一つに日米安全保障条約(と自衛隊・憲法9条)に対する評価の変化があります。
(中略)
公明党は1981年12月の党大会で、党のそれまでの安全保障・自衛隊政策を現実的に見直す安全保障政策を発表。日米安全保障条約の存続を容認しました。
(中略)
私が興味を持ったのは、この政策変更の判断に池田会長(名誉会長)はどの程度影響力を与えていたか。はっきり言うと、池田会長(名誉会長)の指示で政策変更を行ったのかどうかです。
(中略)
(米公文書によれば)公明党委員長の竹入は、(米)大使との初めての会談中、池田‐宮本会談と創共協定を過ちだと表現し、日米関係の重要性を強調し、潜在的な自民連立政権のパートナーとしての公明党の責任を深く認識していると発言した。竹入委員長は心から親米的という印象を与えたが、もしその印象が違わない場合、公明党内には明らかな政策の差が存在する。
(中略)
驚くべきことですが、米公文書から推察すると、1975年当時、池田会長(当時)は竹入公明党委員長に全く影響力を与えていない。命令や指示を下していない。少なくとも、コントロールできていない」

 

これほど重要な政策変更に池田氏の意図が反映していないとすれば、上記当時の公明党委員長、竹入義勝氏を池田氏は確かにコントロールできていない、つまり公明党は池田氏の支配下になかった→だとしたら今もないことが想像できます。

 

池田氏も人間ですから、その中にはあまり褒められない行動もあったかもしれません。ノーベル平和賞に執心していたのも事実かも知れません。

 

ただ、公明党が非難される時は創価学会が非難され、そのターゲットは池田大作という一人の人物に集中してきた、これまでの状況は疑ってかかる必要がありそうです。

 

もしかしたら、池田大作氏は、「国体護持派」だった。だからこそ追い落とされたのか!?だとすれば、本当にびっくり箱ですね(^-^;
  • メルマガ会員登録