Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

生ごみを100%エネルギー化、豊橋市でバイオマス施設を公開

(画像をクリックで元サイトへ)大紀元

画僧:豊橋市

 

【要 約】
愛知県の豊橋市は、2017年10月から稼働する「豊橋市バイオマス利活用センター」を報道関係者に公開した。それによると同センターは、生ごみや下水道汚泥などをメタン発酵して取り出したバイオガスで発電したり、発酵後の汚泥を炭化燃料化して100%利活用することができるという。

 

豊橋市では2017年10月からの運用開始に先駆け、2017年4月から生ごみの分別収集を開始しており、4月の総収集量は約1,156トン。4月の第1週は目標量の7割程度の結果となったが、第4週には9割を超える状況となり、順調なスタートを切っている。

 

豊橋市上下水道局の金子局長は「これまではごみであったものを、エネルギーに変えるという新しい取り組み。環境に対する新しい時代を切り拓く施策として、530(ゴミゼロ)運動発祥の地である豊橋らしく、行政と民間、そして市民のみなさまが一緒になった取り組みを進めていきたい」と述べた。

 

 

【コメント】評価担当(下)

 

530運動発祥の地、愛知県豊橋市で、バイオマスを利用したエネルギー生産の仕組みが稼働した。生ごみを圧縮して発電するという試みは、県外でも実施されている試みであるが、発酵後の汚泥まで炭化燃料化するというのは更なる進化であるのではないか。

 

こうした施設の導入にはお金がかかりそうだが、環境調和型の循環型社会には、導入がすすめられるべきものだろうと思う。

  • メルマガ会員登録