Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

天然ガスの採掘成功…愛知沖のメタンハイドレート産出試験

(画像をクリックで元サイトへ)産経ニュース、画像:経済産業省

 

【要 約】

 

経済産業省は4日、愛知県沖の東部南海トラフで行っていた「燃える氷」と呼ばれる次世代燃料メタンハイドレートの産出試験で、天然ガスの採掘に成功したと発表した。洋上でガス産出に成功するのは、平成25年の産出試験に続き2回目。30年代後半の商業化に向け、3~4週間にわたる連続産出を目指す。
産出試験は、地球深部探査船「ちきゅう」を使い、メタンハイドレートのある地層まで、水深約1千メートルの海底を約300メートル掘り進めた。同日未明からメタンハイドレートを水とメタンガスに分解し、午前10時ごろにメタンガスの産出を確認したという。

 

 

【コメント】評価担当(下)
愛知県においてメタンハイドレートの産出試験が行われていたというもので、最近、オーランチオキトリウムとともに話題になってこなかったメタンハイドレートの研究記事である。日本人なので、着実に基礎実験をやっているのではないかと思っていたが、愛知県沖でも調査しているとは、日本国内において採掘できる場所はまだまだあるか。ただし、陰謀論の大好きな人には有名な「ちきゅう」を使っているので、ここが震源地として使われるのではないかという意識のある人もいるのではないかとも思う。

 

メタンハイドレートは、根本的な手法として、エネルギー源として利用できたとしても、地球に負荷をかけ、地殻変動に大きな影響を及ぼすとすれば、将来のエネルギー源の候補としてあったとしても、採用はためらわれる類のものかもしれない。

  • メルマガ会員登録