Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

北朝鮮ミサイル発射(先週)、狼少年の信用がなくなった段階へ到達

写真出典:下記産経記事

北朝鮮が飛翔体を1発発射 韓国軍
明かす – 産経ニュース2017.5.21
http://www.sankei.com/smp/world/news/170521/wor1705210030-s1.html

Jアラート、第1報で避難呼びかけ…政府が変更(5月15日)
https://mainichi.jp/articles/20170510/ddm/012/010/089000c

【要約】
2017年北朝鮮ミサイル
①2月12日 日米会談中(北極星2:飛距離500km 高度550km 潜水艦発射(最大3000キロ推定))
②3月 6日 4発同時 KN15 飛距離1000km 高度260km
③3月22日 失敗
④4月 5日 60km飛翔(失敗)北極星2型
⑤4月16日 失敗(#1Xデー:金日成誕生日15日)
(4月25日 #2Xデー(軍創設記念日) 大規模砲撃演習)
⑥4月29日 失敗
⑦5月14日 北朝鮮5,000km級弾道ミサイル発射(火星12)
⑧5月21日 北極星2型(KN15、固体燃料射程2000km)) 最高高度560km
→  打率5割(同日複数ミサイル発射は一回と見なす)
—-
政府は、北朝鮮の弾道ミサイル発射を知らせる全国瞬時警報システム「Jアラート」による避難指示を改め、発射直後の第1報から「頑丈な建物や地下に避難してください」と呼び掛けるように変更した。
従来は日本に飛来するか見極め、第2報で「屋内退避」を呼びかける段取りだった。

【コメント】26日木堅
安心してください。先週の話ですよ(笑)
随分と機を失したコメントご容赦願います。先週日曜に北朝鮮がまたミサイルを撃っています。

自分もここ一週間忙しくてスルーしてしまっていますが、4月29日や5月14日の発射に比較して、今回はあまりにも世間(FB、ツイッター)の関心が低すぎます。
たしかに新型で射距離が過去最長だとか、過去最高高度だとか、何かのタイミングのメッセージ性だとか、あまりにも話題が何もなかったミサイルではありました。

しかしながら、これはミサイル実験ではないんですよね。米軍が前方展開している一触即発のはずの臨戦態勢での予告なき発射なんですね、、、
米軍も今回はICBMじゃないからとか言い訳もしません。
次からJアラートを鳴らすと予告してたのに鳴らさなくても何も問題になっていません。

もともと自分は米軍も安倍さん菅さんも事前に承知しているやらせのミサイル発射だと思ってはいますが、
そういう裏からの見方を拒絶し、「北朝鮮は悪の国、金正恩を斬首しろ!」というメディアの言うままの見方のみを受け入れる人達、要は普段一番恐れ、憤っている(騒いでいる)人達が全くスルーしている感覚には逆に危険を感じます。

要は人間は緊張感を持続できない生き物なんだということだと思います。
それを世間は狼少年というのでしょうが、その言葉の理解は実は正しくなくて、狼少年の信用がなくなったから気にしなくなるのではなく、危機への緊張が持続できなくなるから、ある時から思考が停止する状態というのが正しいのだと思います。

ヤラセにせよ、何かを仕掛けるなら「機は熟した」と、コントロールしている側の人間は判断したのではないでしょうか。

今こそ要注意です。

  • メルマガ会員登録