Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

「最強の生物」クマムシの秘密解明 放射能対策の力持つ遺伝子


(画像をクリックで元サイトへ)

高温や真空などの過酷な環境で生きることができるため「最強の生物」と呼ばれる小動物クマムシが、強い放射線からDNAを守る遺伝子を持つことを見つけたと、東京大や国立遺伝学研究所(静岡県三島市)などの研究チームが20日付の英科学誌に発表した。

通常、DNAは強いエックス線を当てると傷つくが、人の培養細胞でこの遺伝子を働かせると、損傷が大幅に少なくて済むことも分かった。実験した東京大の国枝武和助教は「クマムシの類いまれな強さの理由の一端が明らかになった」と話した。
チームは、クマムシの中でも極めて強い放射線に耐えることができるヨコヅナクマムシのゲノム(全遺伝情報)を解読。DNAにくっついて放射線から守るタンパク質を作る遺伝子「Dsup」を発見した。

記事抜粋
***************************************

【要 約】

高温や真空などの過酷な環境で生きることができるため「最強の生物」と呼ばれる小動物クマムシが、強い放射線からDNAを守る遺伝子を持つことを見つけたと、東京大や国立遺伝学研究所(静岡県三島市)などの研究チームが20日付の英科学誌に発表した。

通常、DNAは強いエックス線を当てると傷つくが、人の培養細胞でこの遺伝子を働かせると、損傷が大幅に少なくて済むことも分かった。実験した東京大の国枝武和助教は「クマムシの類いまれな強さの理由の一端が明らかになった」と話した。

【コメント】評価担当(下)

過酷な環境で生きることのできるクマムシ。その秘密は強い放射線から身を守ることのできる遺伝子とのことである。他の生物にこの遺伝子が利用されると、効果がでてきそうな気はする。

  • メルマガ会員登録