Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

いよいよ「キリストのDNA」確定、クローン復活へ!? 有名大教授が“本人確定作業”を開始!

 

(画像をクリックで元サイトへ) 記事:トカナ 画像:Daily Mail

 

今月16日、イエス・キリストの復活を祝う祭「イースター(復活祭)」が世界各地で盛大に行われる中、世界中のキリスト教徒が狂喜乱舞するとんでもない番組が放送されていた。なんと、キリストのクローンが誕生(復活?)するかもしれないというのだ!

 

■キリストのDNAを発見、クローンの作成も!?

オーストラリアの独立系ニュースサイト「The Conversation」(4月18日付)などによると、今月16日の復活祭に合わせて放送されたヒストリーチャンネルのドキュメンタリー番組「Jesus Strand」が、いま世界中で大きな反響を呼んでいるという。

番組では、英オックスフォード大学の遺伝子学者ジョージ・バスビー教授と、聖書学者パスター・ジョー・バジル教授がキリストのDNAを求め、スペイン、イタリア、イスラエル、黒海を訪問、キリストの顔が浮かび上がっていることで知られる「トリノの聖骸布(せいがいふ)」や「オビエドの聖顔布」など様々な聖遺物を調査する様子が放映された。

 

洗礼者ヨハネの遺骨「Daily Mail」より引用
その中でも研究者らが最も注目したのが、キリストに洗礼を施したことで知られる洗礼者ヨハネの「遺骨」である。この遺骨は2010年、ブルガリアの教会の床下から発見されたもので、オックスフォード大学が実施した年代測定では、洗礼者ヨハネが生きていた時代とぴったり合致するとの結果が出ており、歴史資料にも5世紀~6世紀に同教会へヨハネの遺骨の一部が譲渡されたことを示唆する記述が見つかっているため、本人である可能性が極めて高いと見られている。

キリストの母マリアと洗礼者ヨハネの母エリサベトが親類関係にあるといわれていることから、ヨハネの遺骨はキリストのDNAを同定する上で極めて重要だと考えられているそうだ。バスビー教授によると、この遺骨に加え、「他の遺物からも洗礼者ヨハネやキリストの親戚のDNAが採取できれば、それらを比較検討することが可能になる」という。

 

記事抜粋

***************************************

【要 約】

オーストラリアの独立系ニュースサイト「The Conversation」(4月18日付)などによると、今月16日の復活祭に合わせて放送されたヒストリーチャンネルのドキュメンタリー番組「Jesus Strand」が、いま世界中で大きな反響を呼んでいるという。

番組では、英オックスフォード大学の遺伝子学者ジョージ・バスビー教授と、聖書学者パスター・ジョー・バジル教授がキリストのDNAを求め、スペイン、イタリア、イスラエル、黒海を訪問、キリストの顔が浮かび上がっていることで知られる「トリノの聖骸布(せいがいふ)」や「オビエドの聖顔布」など様々な聖遺物を調査する様子が放映された。

2010年、ブルガリアの教会の床下から発見された遺骨が注目されている。
バスビー教授によると、この遺骨に加え、「他の遺物からも洗礼者ヨハネやキリストの親戚のDNAが採取できれば、それらを比較検討することが可能になる」という。

【コメント】評価担当(下)

考古学と遺伝学との融合か。キリストの遺物そのものが不確定だとしても、兄弟等の遺伝情報から絞り込むことはできる。

キリストの遺伝情報が明らかになると、アジア人であるとか、日本人の遺伝情報が同胞の傾向があるのかなどがわかる可能性がある。
今後の研究に期待したい。

  • メルマガ会員登録