Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

英学者:10年後には新氷河期が温暖化に取って代わる

(画像をクリックで元サイトへ) sputniks

 

英ノーサンブリア大学の学者グループは、この先10年から15年後には、グローバルは寒冷化が始まるとの結論に達した。

■天文物理学者らが新たな終末の日を予言
© FOTOLIA/ SDECORET
専門家らの考えでは、今後数年、太陽の活動が、地球上で小さな氷河期が見られた16世紀から17世紀のような最低レベルに下がる。この「新たな氷河期」は、およそ30年続き、四季の変化や食料生産に問題が出てくる可能性がある、とのことだ。


気象学者が発表した数学的モデルによれば、10年から15年後に、寒冷化が始まり、そうした時期は30年続くと予想できる。

 

先の報道では、大西洋におけるハリケーンとユーラシア大陸と米国での豪雨の件数が最近増加した理由は、地球温暖化によって、潜在的な地球の熱エネルギーが運動エネルギーに変わる効率性が上がったことにある。

 

元サイト抜粋

***************************************

 

【要 約】

専門家らの考えでは、今後数年、naka太陽の活動が、地球上で小さな氷河期が見られた16世紀から17世紀のような最低レベルに下がる。この「新たな氷河期」は、およそ30年続き、四季の変化や食料生産に問題が出てくる可能性がある、とのことだ。

気象学者が発表した数学的モデルによれば、10年から15年後に、寒冷化が始まり、そうした時期は30年続くと予想できる。

 

 

【コメント】評価担当(下)

NASAも2010年が温暖化のピークと言っていて、その頃から寒冷化を予想していたが、ちょくちょく寒冷化に向かっての情報量が多くなってきている。
寒冷化の言葉ももう少しでメジャーになっていく感じである。

二酸化炭素原因説になると、もっと化石燃料を燃やせとなるが、環境汚染物質の拡散は避けるということは忘れてはならないし、足るを知るというのは身に着けておくべき考え方であるとは思う。

  • メルマガ会員登録