Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

「意識は高次元空間と繋がっている」ロンドン大教授が主張!

(画像をクリックで元サイトへ)

記事:トカナ 画像:Express

 

一般に次元は直線・平面・空間・時間の4つが存在していると言われており、現代物理学では、M理論が11次元、超ひも理論が10次元まで存在すると予想しているが、名門英ロンドン大学クイーン・メアリー校で教鞭を取る天文学者バーナード・カー教授は、 “意識と繋がった非物質的な次元”も存在すると主張しているという。2月16日付の英紙「Express」が伝えている。

■幽霊を科学する新パラダイムの登場

consciousdimension_02.jpg
カー教授「Wikipedia」より引用
カー教授によると、それぞれの次元はヒエラルキー構造をしており、我々が認識できる次元は最下層に過ぎず、これまで物理学が提唱してきた11次元なども、精神とかかわるより高い次元から見れば下層次元に過ぎないそうだ。それでは、教授が主張する高次元とはどのようなものなのだろうか? 2003年に開かれたコンピューティング国際会議「Euro-PAR conference」のアブストラクトを参考に詳細を見ていこう。

 

元サイト抜粋

***************************************

【要 約】

 

 現代物理学では、M理論が11次元、超ひも理論が10次元まで存在すると予想しているが、名門英ロンドン大学クイーン・メアリー校で教鞭を取る天文学者バーナード・カー教授は、 “意識と繋がった非物質的な次元”も存在すると主張しているという。
 教授はまず、超能力を研究する「超心理学(parapsychology)」が一定の成果をあげながらも主流派科学から未だ真剣に受け止められていないこと、そして、主流派物理学のパラダイムでは意識の問題を未来永劫解決することは不可能であることを

 

指摘。これらの問題を解決するためには、2つの特徴を持つ新パラダイムに移行する必要があるという。
 1つ目は、物質世界に意識を組み込むこと。意識抜きに“統一理論”の構築を夢見る主流派科学者からは猛反発を受けることが予想されるが、物質世界しか取り扱わない旧パラダイムでは、意識や超能力の問題を解決することは不可能だという。

 

 2つ目は、高次元の現実構造を含むこと。幽体離脱、臨死体験、超能力、幽霊現象は、物理的空間とは違う“共有スペース”を持っていると予想される。なぜなら、完全に個人的な現象ならば精神疾患とみられてしまうが、たとえばテレパシーなどは物理的世界や他人に影響を与えることができる。これは何らかの共通の基盤がなければ不可能だというわけだ。

 

【コメント】評価担当(下)

 先週の記事で、意識は肉体とは別に存在する可能性を紹介したが、科学的に意識を加えた統一理論を構築したいという研究者の意見があったので紹介する。

 

 我々の生命は、自分の意識するしないとは別に、心臓は動き、内臓は動く。意識とは別に命は動いているという側面もある。そうすると、「私の命」ではなく、「命である私」というのが本体であるとすると、上記の共通する基盤というのが、我々の意識、意識体の存在基盤となるが、その意識を超えた動きのある命ということになるとそれとは別に奥の魂と呼ぶべきか、大神様からの一部分となる部分を構成する基盤もあるということが想定されるのではないかと思われる。
  • メルマガ会員登録