Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

高速電波バーストは異星文明の可能性、宇宙船の動力源か-ハーバード大など

(画像をクリックで元サイトへ) マイナビニュース

巨大送信機から電磁波を受けて進む宇宙帆船のイメージ(出所:CfA)

 

ハーバード・スミソニアン天体物理学センター(CfA)とハーバード大学の研究チームは、「高速電波バースト」と呼ばれる天文現象が、高度に発達した異星文明の存在証拠である可能性があるとの見解を発表した。研究論文は、天体物理分野の専門誌「Astrophysical Journal Letters」に掲載される。

高速電波バーストは、継続時間が数ミリ秒という極めて短い電波のフラッシュ現象であり、その発生源は数十億~100億光年先にあると考えられている。2007年に初めて観測されて以来、豪州にパークス天文台やプエルトリコのアレシボ天文台などの大型電波望遠鏡で20例程度が検出されているが、その発生原因・メカニズムは謎に包まれている。

高速電波バーストを説明できる自然現象が特定できないため、研究チームは今回、この現象が異星人の文明による人工的なものである可能性について検討した。

 

高速電波バーストは、継続時間が数ミリ秒という極めて短い電波のフラッシュ現象であり、その発生源は数十億~100億光年先にあると考えられている。2007年に初めて観測されて以来、豪州にパークス天文台やプエルトリコのアレシボ天文台などの大型電波望遠鏡で20例程度が検出されているが、その発生原因・メカニズムは謎に包まれている。

高速電波バーストを説明できる自然現象が特定できないため、研究チームは今回、この現象が異星人の文明による人工的なものである可能性について検討した。

 

以下略

***************************************記事画像引用

 

【要 約】
 ハーバード・スミソニアン天体物理学センター(CfA)とハーバード大学の研究チームは、「高速電波バースト」と呼ばれる天文現象が、高度に発達した異星文明の存在証拠である可能性があるとの見解を発表した。研究論文は、天体物理分野の専門誌「Astrophysical JournalLetters」に掲載される。
【コメント】評価担当(下)
 高速電波バーストとよばれる天文現象が、異星人の文明による人工的なものである可能性について研究した内容である。
 宇宙船にエネルギーを供給するための巨大な電波送信機があり、そこからの漏洩電波が高速電波バーストの正体ではないかとのことだ。
 巨大電波送信機の存在は物理的に可能であるという。
 この現象を紐解く現象や理論が将来出てくるかもしれないが、理論的に可能というところが面白い。

 

 

  • Web玉響購入
  • メルマガ会員登録