Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

小名木善行 ねずさんの ひとりごと 神代文字の時代

 

 

小名木善行 ねずさんの ひとりごと 神代文字の時代
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2802.html#more
.

【コメント】(木堅)2015年10月24日

玉響読者なら、日本の古事記以前の文字文化を疑う人はいないでしょうが、この小名木説は目からウロコでした。

「方言しかわからない日本人同士が、共通語として漢字を使用」

いままで聞いた中で一番合理的だと思います。
.
・漢字から平仮名
・神代文字のいいとこ取りでカタカナ
というのも納得
.
どれだけ神代文字が乱立していても、
50音で一致しているということも、気付いてませんでした。
.
小名木さんの守備範囲の広さに脱帽です
m(_ _)m
.
ANDO: 9年程前に、私の住んでいる大分県の山奥で発見された、磐座に刻まれたペトログラフです(写真)。近所の人は誰かのイタズラだとのコメントでしたが、こういう発見とさらなる研究が、眠っていたものの目醒め、光りの狼煙のように、点と点が結ばれて古代の日本の姿を浮き彫りにしてゆくのではないかと、小名木先生のブログを拝見して更に実感いたしました。
.
木堅:自分が理解できないことは、ただのイタズラと否定する態度は罪ですね。
問題は、アカデミズムの人が保身のためにそれをすることです(ー ー;)
.
ANDO:そう思います。我が無くてもならず、あってもならず、、、
アカデミズムからはみ出す勇気はやはり、思いひと筋でしょうか。
田舎の山奥からも信号が発信され続けております。
.
(参考)
ねずさんと語る古事記 壱
.

拙文ながらレビュー書かせていただきました(木堅)

  • メルマガ会員登録