Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

台湾が日本に復帰する!? 日本雛形論の予言が示す台湾の未来

 

日本地図と世界地図との奇妙な符合

小学校低学年のころです。なにげなく日本地図と世界地図をみていた私は驚くべき発見をしました。
それは、四国がオーストラリアに、九州がアフリカにその形がそっくりだという事実です。不思議なものだと頭をひねってはみたものの、しょせん子供の思いつきです。それ以上追求することもないまま、この「世紀の発見」はいつしか忘れさられてしまいました。

それから10年以上もたったある日のことです。日本と世界との間にあるこの奇妙な照応関係に着目し、それを壮大な霊的宇宙論のなかにまで位置づけた日本人がいたことを知った私は、それこそ腰を抜かさんばかりに驚きました。同時に、子供のころを思い出して我が意を得たりと手を叩いたものです。

 

王仁三郎の日本雛形論

その人物とはいったいだれなのか。戦前の日本社会で隠然たる影響力をもっていた大本教のカリスマ教祖・出口王仁三郎その人です。

onisaburo
王仁三郎によれば、日本は世界の雛形であり、そのため両者の地形はすべてにおいて照応するとされています。しかも四国や九州ばかりでなく、本州や北海道までもが照応するというのです。

子供だった私にも看破できたように四国と九州は比較的わかりやすいでしょう。しかし、本州や北海道までも世界の雛形であるといわれると、「いくらなんでもそこまでは!?」と眉につばをつける人も多いのではないでしょうか。ところが、詳細にみていくと両者には九州、四国におけるそれ以上に多くの照応関係があるのがわかってびっくりしてしまいます。

 

細部まで照応する本州とユーラシア大陸

では早速みていきましょう。まずは本州からです。王仁三郎によれば、本州と照応関係にあるのはユーラシア大陸だということです。しかし私たちが日頃見慣れているメルカトル図法のユーラシア大陸は、一見したかぎり本州とは似ても似つきません。そこでちょっと加工してみましょう。ユーラシア大陸を左右に引き延ばしてみてください。スペイン、ポルトガルがあるイベリア半島を左手で、ロシア最東端にあるカムチャツカ半島を右手でもつようにして左右に長く引き延ばすのです。

どうですか。少し本州らしくなったのではないでしょうか。その上でもう一度比較してみましょう。ヨーロッパ側から時計周りで順にみていきます。まずイベリア半島は山口県に、デンマークは松江周辺に、スカンジナビア半島は能登半島に、ノバヤゼムリャ島は佐渡島に相当しそうです。

以下省略

***************************************記事写真引用

 

【コメント】情報部:kon
台湾の親日にはいろいろと歴史的経緯はありますが、同じことが起きても、半島の南の人たちのように、怨み骨髄で日本が大嫌いになる人たちもいる。
何よりもお互いに惹かれ合う状況である、その心の部分、霊的な部分を大事にすることの方が大事だと思います。
台湾の皆さんと一緒に世界の中で手を携えてやっていければと思います。
  • Web玉響購入
  • メルマガ会員登録