Media 有志の会より時事情報をお届けします ※必ずしも中矢伸一個人の意見ではございません

デジャヴ体験は我々に“あるメッセージ”を送っていたことが判明! 最新脳科学が解き明かす!

緑の部分が側頭葉、赤い部分が前頭葉。画像は「Scientific American」より引用

(画像をクリックで元サイトへ)TOCANA

 

【要 約】

初めて見た光景のはずなのに、なぜだか既視感があって懐かしさや親しみを感じる――多くの人が経験しているといわれる「デジャヴ(Déjà Vu)」は、実に奇妙かつ魅力的な現象だ。

デジャヴは決して稀な現象ではない。どのくらいの人々がデジャヴを経験しているかは調査によって異なるが、なんと30~100%(!)が一度は感じたことがあるという。このような結果になるのは、小規模なアンケート調査しか行われてないことや、デジャヴをどう定義するかによって返ってくる答えが変わるからだ。なお、多くの場合、デジャヴが起きる頻度は数週間~数カ月に一度程度だという。デジャヴ体験が割とありふれており、誰にでも起こる現象であることだけは確かなようだ。

さて、デジャヴを経験するのは若者が多いことが知られている。多くは6~10歳の間に最初のデジャヴを経験し、15~25歳頃に体験のピークを迎えるが、その時期を過ぎると減っていく。記憶に関する問題の多くが加齢とともに増加することを踏まえると、デジャヴは記憶の問題ではないと考えられる。また、若者以外でも側頭葉てんかんを患う人々はしばしば発作を起こす前にデジャヴを感じるという。どうやらデジャブは、側頭葉や前頭葉と密接に関連した現象であるようだ。

 

 

【コメント】評価担当(下)

デジャヴに関する記事であるが、科学的な現象として捉えた記事である。それにしても記事中にデジャヴを経験したことのある人は30%以上ということであり、実は思っていた以上に身近な現象であったことにまず驚く。

 

この記事では誤って感じた親近感を間違いだとする現象がデジャヴであるという結論であるが、人物についての既視感だけでなく、行動や景色等においても既視感を感じることがあり、それが親近感なのかいまいちよくわからないなというのが感想である。

いずれにせよ、デジャヴについて新たな解釈ができつつあることは面白い。

マレーシア、狂犬病で子ども2人死亡 約20年ぶり

(画像をクリックで元サイトへ) AFPBBニュース

 

【要 約】

 

マレーシア当局は5日、狂犬病にかかった子ども2人が死亡したと発表した。同国で狂犬病による死者が出たのはおよそ20年ぶりだという。

狂犬病に感染したのはボルネオ島(Borneo Island)の農村地域に住む6歳の女の子と4歳の男の子のきょうだいで、4日に死亡が確認された。

 

 

【コメント】評価担当(下)

 

狂犬病に関する記事である。日本においてはほとんど無関係となっているので、海外旅行に行く人ぐらいしか関心はないかもしれないが、発症すると致死率100%ともいわれている病気である。マレーシアもまだまだ清浄国とまではいかないようだ。衛生上の努力は根気がいるとつくずく思う。

祈成功:準天頂衛星みちびきの価値

準天頂衛星みちびきの価値

出典:下記産経記事

.
H2Aロケットが発射地点に移動 準天頂衛星みちびき3号機を搭載 2017.8.12 
http://www.sankei.com/life/news/170812/lif1708120004-n1.html
準天頂衛星システム「みちびき」 宇宙開発戦略推進事務局
http://qzss.go.jp/overview/download/isos7j0000000bsx-att/panel_01.pdf
続きを読む

グアムの北朝鮮ICBM危機について

写真出典:http://www.sankei.com/world/photos/170810/wor1708100018-p1.html

 

①北朝鮮、グアム沖に4発発射「検討中」 広島など日本上空通過も予告 2017.8.10
http://www.sankei.com/world/news/170810/wor1708100007-n1.html
②グアムの米戦略爆撃機、北朝鮮へ先制攻撃の準備整う 米NBCテレビ報道 2017.8.10
http://www.sankei.com/world/news/170810/wor1708100018-n1.html
③北朝鮮のミサイル開発に中国軍部が関与か…米国の制裁強化で中国経済が崩壊危機 2017.07.31 渡邉哲也
http://biz-journal.jp/2017/07/post_19988_3.html
④中国共産党部長、制裁除外を要請 公明代表に 毎日新聞2017年8月8日
https://mainichi.jp/articles/20170809/k00/00m/010/101000c 続きを読む